貿易用語集

貿易用語集(M)

Manifest = 積荷目録

Cargo Manifest の項参照。

Master B/L

実際の運送人(船会社)がNVOCCあるいは混載業者に発行するB/Lです。航空会社が航空フォーワーダーに発行するのはMaster AWBです。
関連用語 : House B/L

Marine Insurance = 海上保険

貨物輸送中に貨物に生じた損害の補填を目的に貨物保険を掛けます。保険の掛け方は個々の貨物の性質や輸送実態等に応じて行います。又保険の対象期間は売主の倉庫から買主の倉庫までの間であり、且つ、目的地に到着後、船舶の場合は60日、飛行機の場合は30日で保険期間は終了します。

Open Policy = 包括契約
保険契約で、取り扱う貨物に対し年間契約を結ぶ包括契約をいいます。
Provisional Policy = 個別契約
取引ごとに個別の契約を結ぶ。

ICC ( Institute Cargo Clauses ) = 協会貨物約款 (貨物保険に関する)

ICC の項参照。

A/R (All Risks ) = 全危険担保 (*)新改定ICCでは (A)
海上保険の基本的な保険条件のひとつで、最もカバーする範囲が広く、最も多く用いられる保険条件です。
沈没(Sinking),座礁(Stranding)、大火災(Buring)、衝突(Collision)の特定4大事故(SSBC)に加え、海水濡れ、盗難などほとんどの損害をカバーします。但し、戦争やストライキ暴動による損害についてはその予測が困難であり、且つ、損害が巨額になる可能性があり別途特約をもって付与する必要があります。
WA ( With Average ) = 分散担保 (*)新改定ICCでは (B)
沈没 (Sinking)、座礁 (Stranding)、大火災 (Burning )、衝突 (Collision ) の特定4大事故に加え、海水濡れ損害をカバーする保険条件で、全危険担保 (All Risks)に次いでカバーする範囲が広い保険です。
FPA (Free Paticular Average ) = 分散不担保 (*)新改定ICCでは (C)
沈没 (Sinking)、座礁 (Stranding)、大火災 (Burning )、衝突 (Collision ) の特定4大事故をカバーしますが、海水濡れ損害はカバーしません。従い、海水濡れをしてもダメージが少ない材木や石材などの貨物輸送に適用されます。
General Average = 共同海損
座礁、火災、機関故障による漂流などの時に、船舶及び貨物の危急を救うために本船船長が積荷の一部を投荷するなどした結果生じた貨物の損害、及びその措置に伴う損害をいいます。
共同海損によって生じた損害は、船主・荷送人・荷受人などの利害関係者で負担することになります。
Particular Average = 単独海損
輸送途中で貨物の一部が損傷を受け(分損)、荷主が単独で負担すべき損害で、全損及び共同海損でない損害をいいます。
Total Loss = 全損
輸送途中にある貨物の損傷で、商品価値が全くなくなった現実全損と、修理に多額のお金がかかるために全損とみなす推定全損があります。
Partial Loss = 分損
輸送途中にある貨物の一部が損害を受けた場合で、全損でないものをいいます。
WEB仮登録