国際物流に関する企業・機関 船社代理店とは?

船社代理店とは?

dot

一般的には、運航船社の代理店を言い、船が寄る港には必ず船社代理店があります。
主要な物流会社が代理店を引き受けている場合が多く、業務内容は以下のようになっております。
すべての代理店業務を1社に任せている場合と、それぞれの業務毎に代理店をおいている場合があります。
邦船社はグループ内に集荷代理店を持っております。又、主要な外船社は日本法人を持っており集荷業務及びカスタマーサービス業務を行っています。

  • 集荷代理店(コンテナ船・在来船)
    集荷営業を行います。又、BLの作成発行などのカスタマーサービス業務も行います。
  • 船舶(運航)代理店
    船の入出港に関して公官庁宛にいろいろな手配を行います。
    例えば、水先案内人の手配、タグボートの手配、管理組合・海上保安本部への連絡、税関への関係書類の送付等々です。
  • ターミナルオペレーター(コンテナ船)
    コンテナの揚積荷役を行ったり、小口貨物(LCL貨物)のハンドリングを行い ます。
一覧へ戻る
Page TOP