仕事に役立つQ&A

貿易の仕事でよく出てくる疑問についてお答えします。

船荷証券のボディー欄の真ん中に“shipper’s load & count” “said to contain”と記載されています。これはどのような意味なのですか?
dot
A

FCL貨物の場合必ずB/L面上に記載されています。
これは荷送人(輸出者)が輸送品(貨物)をコンテナに詰めたという意味です。
荷主(輸出者)又は荷主が依頼している海貨業者が貨物をコンテナに詰み込むFCLの場合、そのコンテナの中に貨物がどれくらい(例えば何個)入っているかは船会社にはわかりません。つまり 「コンテナの中の個数及び状態については荷主が詰めましたので船会社は中身を確認していません」ということになります。
荷渡地で受け荷主によってコンテナから貨物を取りだした際、貨物の個数が足りなかったり、何らかの損傷があったりした場合に、船会社は「荷主によりコンテナ詰されたので船会社に責任はありません」ということになりますので大変大事な意味合いを持ちます。

FCLの場合、船荷証券上のPlace of receiptの欄には○○CY表記され、船会社がコンテナに貨物を詰め込むLCLの場合は○○CFSと表記されます。
FCL(CYと表記されている)の場合は、かならず船荷証券にはこの“shipper’s load & count” “said to contain”の文言が記載されているはずです。確認しましょう。

WEB仮登録